現地情報

【お客様の声】コロナ過でのモルディブハネムーン / K様 ご夫婦(2021年5月出発)

2021年05月10日〜05月16日

こんにちは!
ビーチリゾート専門店「フォーティ・ナイン リゾーツ」の堀です。

この記事では 2021年5月にコロナ過での海外旅行ハネムーンに行かれたお客様のお声をご紹介いたします **
私自身も2021年3月にモルディブへ渡航しており、コロナ過でのご旅行でご不安があったお客様へ実体験の情報をお伝えでき、お客様からは「旅行に行ける希望をと安心を頂きました!」と お声を頂きました ^^

お客様は2021年5月10日〜16日の7日間のプランで既に帰国しておりますが、日本政府は5月18日に「変異株 B.1.617 指定国・地域にモルディブを指定追加」を決定したため、生憎、現在はモルディブへ渡航するにはモルディブ政府の入国規制+日本帰国後に検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で待機いただくこととなります。
また、さらに5月25日に強化決定が下され、入国者及び帰国者については 検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に
限る)で 10 日間待機いただき、入国後 3日目、6日目及び 10日目に改めて検査を受けていただくこととなりました。
これにより日本への再入国又は帰国を前提とした 変異株 B.1.617 指定国・地域への短期渡航については、当分の間、中止するよう強く要請されております。
【 2021/08/11 追加更新 】
モルディブからの日本国籍の帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)にて10日間の待機から6日間の待機へと期間が変更となりました。尚、7日目より公共交通機関以外の移動方法にてご自宅または宿泊ホテル等へご移動頂き、14日間の内の残り8日間の待機となります。
【 2021/09/20 追加更新 】
モルディブからの日本国籍の帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)にて6日間の待機から3日間の待機へと期間が変更となりました。尚、4日目より公共交通機関以外の移動方法にてご自宅または宿泊ホテル等へご移動頂き、14日間の内の残10日間の待機となります。

「変異株 B.1.617 指定国・地域」に指定される前は、モルディブ政府の入国規制+帰国時PCR検査で陰性であった場合は14日間の自宅等隔離 のみで可能であったため、これらに対応できる方は渡航が叶いました。

現在は海外へ旅行に行くことは難関ですが、日本のワクチン接種が進んだり、インド由来の変異株B.1.617 の終息の兆しが見えた際に、再度2021月5月18日以前の対応もしくは隔離無しでの旅行が叶うと思われます。

その際には是非、2021年にプランナー本人が渡航歴と送客実績のある「フォーティ・ナイン リゾーツ」へご相談くださいませ ★

それでは、お客様のお声をご紹介いたします!


【 関連記事 】コロナ禍でも行けるモルディブへ行ってみた [ 現状の出国・入国手続きについて ]  


2021年9月21日現在、モルディブへの渡航と日本帰国時に必要な条件は下記の通りです。

【 モルディブ入国 】
・モルディブ入国前、直近の出発国にて出発の72時間前までに採取した検体のPCR検査の陰性証明書(英文)
・モルディブ入国前の24時間以内にモルディブ政府が定めるWEBサイト(IMUGA)での各種申請とQRコードの発行
※「IMUGA」のサイトは英語です。陰性証明書(英文)のアップロードや、健康時の自身の顔写真のアップロード、現在・過去の健康状況の申告、ワクチン接種履歴、緊急連絡先や滞在場所などを入力する必要があり、入力は全て英語にてご申告となります。
【 モルディブ出国 】
・モルディブ出発前の24時間以内にモルディブ政府が定めるWEBサイト(IMUGA)での各種申請とQRコードの発行
・ 日本政府が定めるWEBサイト(質問票WEB)での各種申請とQRコードの発行
【日本再入国】
・モルディブ出発の72時間前までに採取した検体のPCR検査陰性証明書(日本政府指定のフォーマットあり)
・日本政府が定めるオンラインサイト(質問票WEB)での各種申請とQRコードの発行
・誓約書の記入
・2つのアプリケーションのインストールと登録
※「MySOS (保健居所確認用) 」と「COCOA (接触確認用) 」のアプリケーションを利用して待機に応じて頂きます。
・空港内にて抗原検査の受検

※ 検出なしの場合、5/18以前:帰国後 陰性の場合は14日間の自宅待機、5/21以降:帰国後 陰性の場合は3日間の強制待機+11日間の自宅待機、5/28以降:帰国後 陰性の場合は10日間の強制待機+4日間の自宅待機、8/11以降:帰国後 陰性の場合は6日間の強制待機+8日間の自宅待機、9/20以降現在:帰国後 陰性の場合は3日間の強制待機+11日間の自宅待機


改めまして 今回弊社にてご予約頂きました K様ご夫婦、情報のご提供をありがとうございます!
まず初めに、お客様のご旅行プランは下記の通りです。

■ モルディブ 新婚旅行
■ 2021年5月10日(月)〜 5月16日(日)4泊7日間プラン
■ 羽田空港発着 シンガポール航空(エコノミークラス)利用

当初は「シンガポール2泊+モルディブ4泊(6泊8日間)」として周遊旅行にてご予約いただいておりましたが、ご出発日が近づくにつれて、日本・シンガポールともに新型コロナウイルス感染者増加に伴い出入国規制が強化され、3月の時点でより渡航が現実的であるモルディブのみのプランへご変更となりました。

航空会社はモルディブ行きで最も人気とご利用率の高い「シンガポール航空」にてご案内をいたしました。
ご相談当初はシンガポール周遊ということで自動的にシンガポール航空をご案内しておりましたが、その後、モルディブのみのプランへと変更となっても「羽田空港発着」「無駄のないフライトスケジュール」「現状の運航状況」という ご条件に当てはまるのは やはりシンガポール航空のみのため、周遊なしになった分の日程を変更して、引き続きシンガポール航空にてプランニング致しました!

同航空会社は、通常であれば 成田・羽田・関空・福岡 の空港から毎日就航しており、さらに 成田・羽田・関空 からは 午前便と夜間便 で1日2便 運行しておりますが、現在は新型コロナウイルスの影響により 間引き運航や運休が続いており、決まった本数 且つ、曜日を限定してでの運航となっております。
今回、お客様がご利用いただいたフライトスケジュールは下記の通りです!

■ 5月10日(月) SQ635便 羽田(22:55)- シンガポール(翌 04:55)※飛行時間7時間00分
 〜 お乗り継ぎ時間:5時間10分 〜
■ 5月11日(火) SQ432便 シンガポール(10:05)- マーレ(11:55)※飛行時間4時間50分
 *モルディブ 4泊
■ 5月15日(土) SQ437便 マーレ(23:25)-シンガポール(翌 07:05)※飛行時間4時間40分
 〜 お乗り継ぎ時間:6時間50分 〜
■ 5月16日(日) SQ634便 シンガポール(13:55)-羽田(21:50)※飛行時間6時間55分

フライトスケジュール上、復路のお乗り継ぎが少々長いですが、この時はこの便しかなかったため 致し方ないです (TT)
通常スケジュールであれば最短お乗り継ぎ時間 50分のフライトスケジュールもございます!

ホテルはお問合せ当初より「ギリ ランカンフシ」をご希望でした。
お問合せ頂いたのは奥様で、奥様はモルディブへは以前に1度行かれたことがあり 今回 2度目とのこと。
モルディブの素晴らしさに大きな魅力を感じ「ハネムーンでまた必ず行く!!」という目標を叶えるべく、今回コロナ過でのご旅行のご決断となったそうです。

★★★ ギリ ランカンフシ について ★★★
ギリ ランカンフシ はモルディブの北マーレ環礁に位置し、モルディブの国際線空港よりスピードボートを利用して約20分で到着するホテルです!
2019年12月に改装工事を経てリニューアルオープン!このリゾートでは「No News, No Shoes」がコンセプトでエコ&ナチュラルな滞在が出来ることでも有名な高級リゾート。また、2018年には旅行サイト「トリップアドバイザー」による「一生に一度は泊まってみたい世界のホテルランキング」で第3位にも選ばれている実力のある人気リゾートホテルです!
【 関連サイト 】ギリ ランカンフシ の 詳細ページ 

お泊り頂いたのは「ヴィラ スイート」というお部屋タイプで、このリゾートで一番主流でご利用者も多いお部屋タイプです。
画像がちょうどこのお部屋タイプのリビングルームです! 見てお分かりの通り、ギリ ランカンフシはハネムーナー様には憧れのリゾートですよねっ
ギリ ランカンフシの基本お食事プランは「朝食のみ」で、追加代金のお支払いで「朝・夕食付」「朝・昼・夕食付」「オールインクルーシブ」の3種類にアップグレード可能です!
お客様は「オールインクルーシブ」にてご予約頂きました。

Q:羽田空港〜シンガポール間の往復の機内の様子はいかがでしたか。また、どれくらいの座席が埋まっていましたか?
A:往路・復路ともにガラッガラでした。機体は大きかったですが、全部で15人もいないんじゃないかな?というレベルです。
【担当者コメント】15人以下...⁉ なんとも贅沢な飛行ですね...(笑)私が3月にモルディブ行きのためにエミレーツ航空に搭乗した際は、感染予防対策のために1席ずつ座席を空けてでの着席でしたが、その状態で5割程お席が埋まっていました! そう思うとシンガポール航空は現在コロナ過で特にガラガラなのが分かりますね!

Q:シンガポール・チャンギ国際空港でのお乗り継ぎはどうでしたか?
A:往路も復路も、チャンギ空港では到着後にトランジット専用スペースに隔離され、フードコートや免税店に行ことは許されませんでした。ただそこでは空港内の飲食店や免税店にオンラインで注文でき、宅配してもらえるサービスがありました。
【担当者コメント】現在、チャンギ国際空港では、お乗り継ぎ時間が75分未満の場合は そのまま次の搭乗ゲートへ、お乗り継ぎが75分以上の場合は 乗継ぎ待合エリアもしくはトランジットホテルへのご移動、の対策が取られております。また、情報では免税店のほとんどが閉まっているとのこと...

Q:乗継ぎ待合エリアにはどれくらいの人がいましたか?
A:意外にも日本以外の旅行者は多いんだな、と感じました。「密」までは行かないですが、ある程度のスペースを保てる そこそこの人数がいました。
【担当者コメント】水際対策強化で日本は現状再入国が厳しいのが一番の理由ではありますが、やはり世界的にはコロナ過でもバカンスを楽しむ方は多いですよね。これに関しては国民性としての考え方の違いが大きいと思います...

Q:シンガポール〜モルディブ間の往復の機内の様子はいかがでしたか。また、どれくらいの座席が埋まっていましたか?
A:3列:3列の機体で、半分より少し少ない40%ほどの着席数だったように感じます
【担当者コメント】私の時は中東・欧米の方の利用が多いエミレーツ航空の利用だったということもあり、8〜7割程 座席が埋まっている状況でした!

Q:機内の感染予防対策はいかがでしたか。気になる点はありましたか?
A:シンガポール航空でも堀様のブログ内容同様、トラベルキットとしてマスク・アルコールジェル・飛行機内画面用ワイプを貰えました。不便に感じたことや、感染予防として これ持っていけば良かった というものは特になく、快適に過ごせました。
【担当者コメント】シンガポール航空も搭乗者へ衛生キットをお配りしているようですね。「機内は密室だから危ない」と思われがちですが、搭乗者が少ないことや間隔を空けて着席していることから適度なソーシャルディスタンスは保たれております。また、機内の消毒や高性能エアーフィルターでの換気がこまめに行われているので、私も個人的に快適に安心して過ごせました。

【 関連サイト 】シンガポール航空 covid-19 感染予防対策「#SIAケアでスムーズな旅を」

Q:モルディブの入国はスムーズでしたか?
A:めちゃめちゃスムーズでした!言葉を交わすことなく、IMUGAの提出さえ求められませんでした w
【担当者コメント】これについてはブログ記事に記載していますが、私もまったく同じ感じで、何を聞かれるのかと覚悟して行ったのですが、速攻で入国出来ました!なんなら通常の入国審査より早いです(笑)きっとパスポート情報でIMUGA登録の有無が見れるのでしょうね...?
※ 冒頭の「出入国規制について」にてご案内がございましたが、IMUGAとはモルディブ出入国前24時間以内にモルディブ政府が定めるWEBサイトにて健康状態を申告するものです。

Q:モルディブ出入国時、空港にてお迎え・お見送りをしている現地の日本語スタッフの対応はいかがでしたか?
A:スタッフの方が本当に丁寧に対応してくださり、無事 出国・入国もスムーズにできました。ありがとうございました!
【担当者コメント】称賛のお言葉ありがとうございます!ご案内させて頂いたのは日本人よりも日本語の上手いモルディブ人スタッフです(笑)現地での24時間 日本語トラブル対応もついてますので、特にこのコロナ過での日本語サポートがあるのは心強いですよね (TT)♡

Q:ギリ ランカンフシ を選んだ理由を教えてください!
A:まずは私たちが一番重きを置いていた「オールインクルーシブ」の口コミの高さで絞りました。お酒もご飯も大好きなので、レストランの数やバーの有無なども参考にしました。あとは水上ヴィラであること、スタッフの対応の良さ、+α(専属バトラーさんが付くこと、一人一台自転車があること、ハネムーン特典の内容)で決めました。
【担当者コメント】ギリ ランカンフシ、口コミ高いですよね。旅行サイト「トリップアドバイザー」による「一生に一度は泊まってみたい世界のホテルランキング」で第3位にも選ばれているのも納得です!

Q:お食事の味やクオリティはいかがでしたか?食事が美味しいホテルとしてお勧めできますか?
A:お食事はもう最高でした!!口コミ通り毎日朝も昼も夜もメニューが変わり、飽きることは全くなかったです。メキシコやヨーロッパなどのリゾートにも行ってきましたが、トップクラスだと思いました!
【担当者コメント】とっておきの高評価ありがとうございます。ギリ ランカンフシはリゾート内にオーガニックガーデンがあり、取れたての新鮮なお野菜が食べられたりと、お食事がおいしいと評判ですよね。

Q:今回、奥様から旦那様へサプライズとして「ビーチでのロマンティックディナー」を追加でご予約頂きましたが、いかがでしたか?
A:残念ながらお天気が優れなかったためプライベートビーチでのディナーではなく、ビーチ横の屋根があるオープンスペース(表現が難しいのですが・・・w)で、キャンドルを灯していただき、フルコースをいただきました。専属のスタッフさんが付いてくれ、たくさん写真を撮ってくれたりお酒がなくなるとすぐにキッチンまで取りに行ってくれたりなど対応は素晴らしかったです。事前にバトラーさんと連携し、日本から持ってきていたプレゼントも渡しておき、到着するとテーブルにあるようにしてもらえることもできました。またこれは私もびっくりだったのですが、ディナーから戻るとお部屋をデコレーションしてくださっていて、ケーキのプレゼントもありました!やはりこういったホスピタリティが世界から高く評価されているのだな、と思いました ♫
【担当者コメント】おお!そんな粋な対応があったのですね。素晴らしい(><)♡ お天気の件は残念でしたが、それでも変わらず素敵な思い出ができたようで私も嬉しいです。(ほっこり)

Q:コロナ過でのリゾート滞在はいかがでしたか?
A:ギリランカンフシではスタッフは全員ワクチンを接種しているとのことでした。また、マスクに関してはスタッフは着用されていましたがゲストには一任する、とのことで、私たちを含めどの国の方も着用されていませんでした!快適に過ごせました!
【担当者コメント】モルディブのリゾートではマスクフリーで過ごせるので、コロナウイルスのことを忘れてしまうような滞在が出来ますよね (^^) 現在は レストラン、アクティビティ、エクスカーション、スパ、などの施設やオプションのほとんどが通常と変わらず稼働しており、ご利用が頂けます!

Q:リゾートの感染予防対策はいかがでしたか。気になる点はありましたか?
A:リゾート内レストランにはアルコールジェル、お部屋に体温計も置いていました。不便に感じたことや、感染予防として これ持っていけば良かった というものは特になく、快適に過ごせました。
【担当者コメント】私が訪れた サン シアム イルヴェリ もレストラン入り口やブッフェレストランでは入り口以外にも至る所にアルコールが設置されていました。お部屋に体温計も良いですね!各リゾートそれぞれの対策が素晴らしいです!

【情報】モルディブでのPCR検査について  
現在、日本帰国のためにモルディブにて、モルディブ出発の72時間前までに採取したPCR検査の結果(陰性証明書)の取得が必須となっております。
モルディブの多くのリゾートではリゾート内にて唾液検査が出来るようになっており、価格は1回 $120〜200程です。
陰性証明書は日本政府指定フォーマットを使用することが原則となっておりますが、モルディブは1島1リゾートの特別な環境にあり、検体は本島にある検査機関まで運ばれて結果が分かるため、基本的には個々のフォーマット指定は受けておらず、発行するには事前に要交渉をするしかありません。
しかし、今回交渉の末、ギリ ランカンフシではリゾートドクターが結果を指定のフォーマットへ書き写して頂ける確認が取れておりますので安心してお過ごしいただけます!

Q:羽田空港に到着し、降機後の流れを教えてください。
A:降機後のタイムスケジュールをメモしていたのでお伝えします! 21:25 予定よりも30分早く羽田に到着 → 22:10 書類提出・PCR唾液検査提出をして検査結果待ちスペースへ → 22:40 陰性結果発表 → 22:50 荷物を受け取り予約していたハイヤー乗車、 到着から約1時間半で空港から出れました!
【担当者コメント】
羽田空港の場合はスムーズに検査や入国手続きが出来て 1時間半ほどで完了なのですね... 私は成田空港着で諸々の検査や確認で空港の外に出られるまでに約3時間かかりました...(しかもほとんど立ちっぱなし...)もちろん、到着した時間帯や利用人数にもよるかと思いますが、やはり成田空港は国際線利用者数、国内トップなだけありますね。

Q:今回のご旅行で他の日本人観光客は見かけましたか?
A:チャンギ空港含め、一度も見かけませんでした。
【担当者コメント】なかなかに日本からの旅行者はいませんよね。私の時も見かけませんでした。

Q:14日間 自宅隔離ですが お二人とも対応できますか?(事前確認済み)(※1)
A:はい、共に在宅での仕事が可能なため、隔離による支障はなく過ごせます。
【担当者コメント】
お仕事をしていると、なかなか2週間お休みを取るということは難しいですから、在宅ワークが出来る今だからこそ行ける!という方もいらっしゃいますよね。

(※1)2021年9月20日 決定事項では入国者及び帰国者については 検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で 3日間待機いただき、入国後 3日目に改めて検査を受けていただくこととなりました。

お客様から素敵なお写真と共に感謝のお言葉を頂きました ☆彡

堀 様
今回はこの大変な状況の中、予約に関して何度も丁寧にやり取りしてくださり本当にありがとうございました。
お陰様で素晴らしいハネムーンとなりました。

【担当者コメント】
まずはご無事にご帰国されたとのことでとても安心いたしました!(シンガポール航空の運航状況が気になって、ご利用予定の便の 出発/到着 をWEBで追ってました 笑)
そして こちらこそ、この度はお二人の記念にすべきハネムーン旅行のお手伝いをさせて頂き、ありがとうございます。
このような状況の中での海外旅行は、決心があっても様々なご不安な思いをされたことと存じます。
念願の2度目のモルディブをご希望のギリ ランカンフシにて、旦那様と過ごした時間は特別だったことでしょう **
ご縁に感謝です。どうか ご自愛いただき、末永くお幸せにお過ごしください ^^

冒頭でもお話の通り、現在は日本再入国の規制が厳しく、なかなか以前のように気軽に海外旅行へ行くことは難しいですが、フォーティ・ナインリゾーツ では 様々な制限をご理解した上でのご予約も、状況が良くなることを願ってでの先のご予約も、どちらもご相談を承っております。

これからも皆様のご旅行のお手伝いができ、たくさんの素敵なご縁がありますように。


担当トラベルプランナー :  堀 杏耶(HORI AYA)


【 お問合せ 】ご旅行のご相談は こちら から  
【 関連ページ 】モルディブ リゾート 一覧は こちら  
【 関連記事 】コロナ禍でも行けるモルディブへ行ってみた [ 現状の出国・入国手続きについて ]   
【 関連特集 】\総客室60室以下/より密を避ける!客室数 少ないリゾート特集